一戸建ての賃貸のいいところ

音を立てても怒られる心配がない

集合住宅に住んでいると、近隣の住民に気を遣いながら生活する必要があります。例えば足音や機材の音といったものが原因で、近隣住民からクレームを受ける可能性もあるでしょう。しかし、一戸建ての賃貸の場合は物音を立てても近隣住民に怒られる心配がありません。小さい子どもの走り回る音や飛び跳ねる音が原因で、近隣住民にクレームを言われる可能性も低いです。そのため小さい子どものいる人でも近隣住民に気を遣わずに子育てを行えるでしょう。赤ちゃんの夜泣きが激しい場合でも、近隣に迷惑をかけないで済みます。

集合住宅の場合は、駐車場のスペースを借りるときに別料金が必要になります。対して駐車場付きの一戸建ての場合は、別で駐車場代を支払う必要がないでしょう。

一戸建てはペットを飼いやすい

マンションの場合は他の住民へのケアも考慮されているので、ペットの飼育が禁止されているケースは多いです。対して一戸建ての場合は、大家さんの判断によって異なります。大家さんがペットの飼育を許可してくれれば、すぐに飼育を始められるでしょう。大家さんの判断で「ペットの飼育ができるか」が決まるので、元々はペットの飼育が禁止になっていても交渉次第でペットの飼育が許可されるケースもあります。 一戸建ての場合はペットの鳴き声が大きくても、周囲に迷惑をかけずに済むというメリットが得られます。庭付きの一戸建てを選べば、庭でペットの飼育を行うこともできます。庭のスペースが広ければ、ボールやフリスビーで遊ばせることも可能でしょう。